• Welcome

    Tomano's website

  • News

    研究も私生活も関係なくポストしています

  • Research

    イカの王様アオリイカの保全生態研究

    刺身、天ぷら、一夜干しは絶品です

    研究の背景

    世界有数のイカ消費国である日本

    漁業に代表される海産生物資源は世界の食料保障を支えています.しかし漁獲量は過去30年間で劇的に減少し,特に魚類の漁獲量は近年頭打ちです.それに対してイカ類は,近年の急激な需要増加に伴って過去40年間で漁獲量は約4倍まで増えました( Jereb & Roper 2010 ).日本は世界有数のイカ消費国であり,イカ類は国民の重要なタンパク源となっています.

    (写真は三重県の居酒屋にて撮影)

    Marine resources contribute to food security and adequate nutrition for a global human population, providing protein to about 3 billion people with at least 15 percent of their average per capita animal protein intake (FAO 2016). Generally, fish populations can be sustainably harvested if the method of harvest does not destroy the reproductive potential of species (Hilborn & Hilborn 2012). However, global finfish stocks have been declined over the past 40 years, possibly due to the overfishing and environmental change such as rising water temperature (Meyer & Worm 2003).

    In such a status, the amount of squid catch increased 4 times over the past 40 years in order to satisfy an increasing global demand for protein (Arkihipkin et al. 2015). In addition, squid abundance has also increased despite to marine environmental changes (Doubleday et al. 2016). Squids have special biological characteristics including rapid growth and short life span, which allow them to adapt to changing environmental conditions more quickly than other marine species.

    エギを用いたエギングという釣り方が人気です

    アオリイカ

    「イカの王様」アオリイカ

    私たちが研究対象種として扱うアオリイカは美味であり,「イカの王様」として愛されています.漁業においては商品価値が極めて高く,しかも沿岸域で漁獲されることから,漁家経営を支える優良資源です(奥谷1984).釣り人からも大人気であり,「餌木」と呼ばれる疑似餌を用いた釣り方(通称エギング)によって漁獲されています.

    (写真は長崎県対馬でエギングにて採集,シロイカ種)

     

    My target species Sepioteuthis cf. lessoniana is called as "king of squid" because one of the most widely distributed neritic squids occurred in coastal waters throughout the Indo-West Pacific region including Japan to Australia and New Zealand, and from Hawaii to East Africa, north to the Red Sea and south to Madagascar, where one of the most commercially important species with the highest market value. It's captured with a variety of gears including lure-hook called "Egi"-ing, set net, purse seine (Jereb & Roper 2010, Ueta & Umino 2013). Egi is the traditional squid jig that looks like fish and shrimp.

    左からアカイカ・シロイカ・クアイカ

    日本に生息するアオリイカ3種について

    「アカイカ」・「シロイカ」・「クアイカ」

    沖縄周辺,特に石垣島の漁師さんは,アオリイカの漁獲される海域や季節の違い,さらに活き締めした際の体色の違いによって,アオリイカを3つのグループ(アカイカ・シロイカ・クアイカ)に分けてきたそうです(奥谷1984; Izuka et al.1994).その後の潜水観察によって産卵生態の違いが報告され(Segawa et al. 1993),さらに3つのグループは別種レベルの遺伝的差異を持つことが確認されました(Izuka et al. 1994; 1996).

     

    Previous studies have demonstrated this stock actually comprises three reproductively isolated taxa: Sepioteuthis sp. 1 (Red squid), Sepioteuthis sp. 2 (White squid) and Sepioteuthis sp. 3 (Small squid). Accurate identification of these taxa is necessary for appropriate stock management. These three taxa are morphologically very similar and difficult to differentiate morphologically, but they are distinct at the molecular level. The primary objective of our study is to determine the structure of the oval squid stock around Japan using sensitive DNA markers.

    アオリイカの保全生態研究

    アオリイカからの恩恵を、 これからも 享受し続けていくために

    アオリイカ3種の分布,漁獲物に占める3種の割合,産卵生態の違いといった資源保全に必須である情報は南西諸島に限られており,アオリイカの漁獲量が大きい本州九州四国では不明でした.
    有効な保全政策を立てる上で,漁獲されている生物種を知ることはもっとも基本かつ必須な情報です.また,実際の保全管理では,遺伝的な交流がある繁殖集団を単位として考慮することが必要です.そのため,効果的な保全単位の決定には,集団が持つ遺伝的な不均一性(集団構造)を調べ,集団と集団の境界線を明らかにすることが重要です(Sale et al. 2005).
    例えば,太平洋と日本海のシロイカ間で交流はあるのか?という事です.現在までに複数の研究成果が発表されてきましたが,研究者の間で統一された見解がありませんでした.

     

    アオリイカは他のイカ類に比べて一生の間に産む卵の数が少ないことが知られています.寿命は約1年で,産卵すると親イカは死んでしまいます.アオリイカ3種の産卵生態を明らかにすることで,産卵数を増やす方策や産卵場の整備など,より効果的な繁殖サポートへ応用することできます.

    3種によって産卵期,産卵水深,産卵場所が異なると考えれらていますが,未だ詳しいことはわかっていません。

     

    そこで私たちは,以下の4つを目的とした研究を行っています.

     

    1.アオリイカ3種を正確に判別できるDNA鑑定方法の確立

    2.日本沿岸における3種の分布と各海域の優占種を明らかにすること

    3.異なる海域間における繁殖集団の交流の有無

    4.アオリイカ3種の産卵生態の異同を明らかにすること

     

     

    アオリイカをもっと知りたい方へ…

    人工産卵礁を用いたアオリイカの繁殖サポート

    海の中の「木」に産卵するアオリイカ

    アオリイカは海の中の構造物に卵を産み付けます.その性質を利用して,人工産卵礁による繁殖サポートが進められています.アオリイカは春から夏にかけてガラモ場やアマモ場に産卵しますが,その産卵場は高水温や栄養塩不足で減少しています.減少する産卵場を補うべく,漁業者は自ら進んで繁殖サポートを行っています.木材を利用した人工産卵礁を,特に「イカ柴」と呼びます.

    アオリイカの解剖図

    オスの生殖器官

    アオリイカの解剖図

    メスの生殖器官

  • About me

    笘野 哲史(とまのさとし)

    Satoshi Tomano, PhD

    1990年 岡山県瀬戸内市 出身

    博士(農学)

     

    カキ養殖業と漁師を営む家庭に生まれ,幼いころから海や魚と親しんできました.海のことが好きで,高校大学ではヨット部に所属しました.海や生物の勉強をするため広島大学 生物生産学部に入学し,大学院生物圏科学研究科海野徹也准教授のもとで研究を行ってきました.
    2017年11月からは
    日本学術振興会(JSPS)の海外特別研究員という制度を利用して,カリフォルニア大学ロサンゼルス校の生態進化生物学部Barber Labに留学しています.2019年4月からは東京大学大気海洋研究所(AORI),資源生態分野岩田准教授のラボに所属し,アオリイカの繁殖生態について研究を続けています(JSPS特別研究員PD制度).将来にわたって海の恵みを享受し続けるためには,自分に何が出来るか?.研究を通してその答えを考えていきたいです.

     

    こちらも

    English

    Researchgate

    LinkedIn

     

  • Publications

    業績一覧

    学術論文 Publications

    【査読有り】Peer-reviewed

    1. Satoshi Tomano, Shota Yasuhara, Motohiro Takagi, Tetsuya Umino. The genetic variability and population structure of the marbled rockfish Sebastiscus marmoratus in western Japan, inferred by microsatellite DNA markers. Fisheries Science 85: 961–970 (2019)
    2. Manabu Asakawa *, Takuya Matsumoto, Kohei Umezaki, Kyoichiro Kaneko, Ximiao Yu, Gloria Gomez-Delan, Satoshi Tomano, Tamao Noguchi, Susumu Ohtsuka. Toxicity and Toxin Composition of the Greater Blue-Ringed Octopus Hapalochlaena lunulata from Ishigaki Island, Okinawa Prefecture, Japan. Toxins, 11: 245 (2019)
    3. Jun-ya SHIBATASatoshi TOMANO, Tetsuya UMINO, Takeshi TOMIYAMAYoichi SAKAI, Satoshi NAKAI, Tetsuji OKUDA, Wataru NISHIJIMA, Isolation, Characterization and PCR Multiplexing of Microsatellite Loci for Western Sand Lance (Ammodytes japonicus Duncker and Mohr 1939), Japan Agricultural Research Quarterly, 52:307-313 (2018)
    4. 河合 賢太郎・岡﨑 隆真・笘野 哲史・海野 徹也. DNA種同定による広島湾における分離性浮遊卵の季節変化. 日本水産学会誌 (2017) {Kentro Kawai, Ryuma Okazaki, Satoshi Tomano and Tetsuya Umino DNA identification and seasonal changes of pelagic fish eggs in Hiroshima Bay. Nippon Suisan Gakkai   83: 215-217 (2017) }
    5. Satoshi Tomano, Gustavo Sanchez, Kentaro Kawai, Noriyasu Kasaoka, Yukio Ueta, Tetsuya Umino. Contribution of Sepioteuthis sp. 1 and Sepioteuthis sp. 2 to oval squid fishery stocks in western Japan. Fisheries Science 82: 585-596 (2016)
    6. Gustavo Sanchez, Satoshi Tomano, Tetsuya Umino, Toshie Wakabayashi, Mitsuo Sakai. Evaluation of the 5’ end of the 16S rRNA gene as a novel DNA barcode marker for Cephalopoda. Fisheries Science 82: 279-288 (2016).
    7. Gustavo Sanchez, Satoshi Tomano, Carmen Yamashiro, Ricardo Fujita, Toshie Wakabayashi, Mitsuo Sakai, Testuya Umino. Population genetics of the jumbo squid Dosidicus gigas (Cephalopoda: Ommastrephidae) in the northern Humboldt Current System based on mitochondrial and microsatellite DNA markers. Fisheries Research 175: 1-9 (2016)
    8.  Satoshi Tomano, Gustavo Sanchez, Kanako Ueno, Yukio Ueta, Kenichi Ohara and Tetsuya Umino. Microsatellite DNA variation of oval squid, Sepioteuthis sp. 2 reveals a single fishery stock on the coastline of mainland Japan. Fisheries Science, 81: 839-847 (2015)
    9. 笘野 哲史・上田 幸男・笠岡 祝安・海野 徹也.DNA マーカーに基づく種子島産アオリイカ類成体と卵の種判別. 水産増殖63:39-47 (2015) { Satoshi Tomano, Yukio Ueta, Noriyasu Kasaoka and Tetsuya Umino (2015) Stock identification and spawning depth of oval squid Sepioteuthis spp. in Tanega-shima Island inferred by DNA markers. Aquaculture Science 63: 39-47 }
    10. Kamarudin Ahmad-Syazni, Satoshi Tomano, Kanako Ueno, Kenichi Ohara and Tetsuya Umino. Genetic structure of yellowfin black seabream Acanthopagrus latus in western Japan based on microsatellite and mtDNA marker analyses. Aquaculture Science 63: 17-27 (2015)
    11.   Satoshi Tomano, Kamarudin Ahmad-Syazni, Yukio Ueta, Kenichi Ohara and Tetsuya Umino. Eleven novel polymorphic microsatellite loci for oval squid Sepioteuthis lessoniana (Shiro-Ika Type). International Journal of Molecular Science 14: 19971-19975 (2013)

    【査読無し】Non peer-reviewed

    1. 黒川 麻実大坂 ・河原 麻子・笘野 哲史山田 直之・河原 太郎・森 美智代.「大学院進学にあたり大学生はどのような困難を抱えているか? ―「アカデミックコンテスト」を通じた意識の変容に着目して―」,教育学研究紀要,62: 328-339
    2. Kamarudin Ahmad-Syazni, Masaki Yamamoto, Naoki Tahara, Satoshi Tomano, Yuka Ishihi, Masaharu Tokuda and Tetsuya Umino. Trophic status of 24 aquatic species in Hiroshima Bay inferred from stable isotope ratio. Biosphere Science 52:1-7 (2013)

     

    書籍 Books

    【分担執筆】

    1. 笘野哲史・海野徹也.「タッチで味見するタコ」.海野徹也・馬場宏治(編) 水族館発!みんなが知りたい釣り魚の生態―釣りのヒントは水族館にあった!?―, 成山堂書店, p54, 2015年5月

    学会発表 Presentations

    【国際学会】International

    1. Satoshi Tomano, Samantha Cheng, Tetsuya Umino and Paul Barber. Population structure in two co-occurring cryptic species of big-fin reef squid in Indo-western Pacific Ocean."Cephalopod International Advisory Council Conference 2018". St. Petersburg, Florida, USA Nov 12-16.
    2. Satoshi Tomano and Tetsuya Umino. Geographical distribution and spawning depth of Sepioteuthis sp. 1 and sp. 2 in southwest Japan. “Cephalopod International Advisory Council Conference 2015”, Hakodate, Japan Nov 6-14, 2015
    3. Satoshi Tomano and Tetsuya Umino.Genetic diversity of the big-fin reef squid Sepioteuthis lessoniana around Japan.“24th Annual Philippine Biodiversity Symposium, University of Eastern Philippines, Philippines, Apr 14-17, 2015
    4. Satoshi Tomano, Yukio Ueta and Umino Tetsuya. Analysis of genetic variability and phylogeny of the oval squid Sepioteuthis lessoniana around Japan. “9th International Symposium Cephalopods ‒ Present and Past”, 70, Zurich, Switzerland, Sep 4-14, 2014


    【国内学会】Domestic

    1. 笘野哲史「アオリイカ複数種における生殖隔離の研究」,第二回イカタコ研究会,東京大学大気海洋研究所,2019年7月8-9日
    2. Satoshi Tomano, Samantha Cheng,海野徹也,Paul Barber. 「西太平洋域アオリイカ属の集団構造パターン」,第一回イカタコ研究会,島根大学隠岐臨海実験所,2018 年 10 月 11−12 日
    3. Satoshi Tomano, Samantha Cheng, Tetsuya Umino, Richard Young「Assessment of cryptic diversity of big-fin reef squid Sepioteuthis cf. lessoniana in Hawaii Islands」,平成 31 年度日本水産学会春季大会 ,東京海洋大学,2019 年 3 月 26 日―30 日
    4. 笘野哲史・今井秀行・上田幸男・笠岡祝安・海野徹也.「アオリイカ属アカイカにおける集団構造解析」,平成28年度日本水産学会春季大会, 223, 東京海洋大学, 2016年3月27日-31日
    5. 笘野哲史・海野徹也・上田幸男・笠岡祝安,「アオリイカ属2種の地理的分布と分布水深の違い」,平成27年度 日本水産学会春季大会, 344, 東京海洋大学, 2015年3月27日-31日
    6. 笘野哲史・海野徹也・上田幸男・笠岡祝安,「DNAマーカーに基づく種子島産アオリイカの型判別と産卵水深」,平成26年度日本水産学会春季大会, 223, 北海道大学, 2014年3月27日-31日
    7. 笘野哲史・海野徹也・上田幸男.「日本沿岸域におけるシロイカ型アオリイカの集団構造解析」,平成25年度日本水産学会秋季大会, 341, 三重大学, 2013年9月19日-22日

    受賞歴 Awards and honors

    【受 賞】

    1. The Dimitris N. Chorafas Foundation awards the year 2017 in Life Sciences & Medicine」, The Dimitris N. Chorafas Foundation,2017年7月
    2. 「広島大学学生表彰」,  広島大学長,2017年3月
    3. 「広島大学エクセレントスチューデントスカラーシップ」, 広島大学長,2016年12月
    4. 2016 ASIA-PACIFIC 3MT FINALIST」, University of Queensland, 2016年9月
    5. 優秀賞英語部門」 , 未来博士3分間コンペティション2016審査委員会, 2016年9月
    6. オーディエンス金賞英語部門」,未来博士3分間コンペティション2016審査委員会, 2016年9月
    7. 「広島大学学生表彰」、広島大学長、2016年4月
    8. 「Best student poster award」、Cephalopod International Advisory Council President、November 2015
    9. オーディエンス賞 金賞」、未来博士3分間コンペティション2015審査委員会、2015年11月
    10. 「広島大学大学院生物圏科学研究科 研究科長表彰」、生物圏科学研究科長、2014年3月
    11. 広島大学エクセレント・スチューデント・スカラシップ 成績優秀学生」、広島大学長、2013年12月
    12. 「広島大学生物生産学部 学部長表彰」、生物生産学部長、2012年3月
    【研究助成】
    1. 日本学術振興会 特別研究員(PD),2019年4月ー現在
    2. 日本学術振興会 海外特別研究員,2017年11月ー2019年4月
    3. 日本学術振興会 特別研究員(DC2),2015年4月-2017年3月
    4. 「学生による研究助成」,広島大学校友会 ,2014年4月-2015年3月
    Awards and Grants
    1. Apr 2016 President Award, Hiroshima University, Japan
    2. Dec 2016 Hiroshima University Excellent Student Scholarship, Hiroshima University, Japan
    3. Sept 2016 2016 ASIA-PACIFIC 3MT FINALIST, 3-Minutes Thesis Competition Asia-Pacific Semi-Final, the University of Queensland, Australia
    4. Sept 2016 People’ Choice Gold award, 3-Minutes Speech Competition for Future Doctors 2016, Hiroshima, Japan
    5. Sept 2016 Runner Up award, Three Minutes Speech Competition for Future Doctors 2016 , Hiroshima, Japan
    6. Apr 2016 President Award, Hiroshima University, Japan
    7. Nov 2015 Best student poster award, Conference 2015, Cephalopod International Advisory Council, Hokkaido, Japan
    8. Nov 2015 People’ Choice Gold award, 3-Minutes Speech Competition for Future Doctors 2015, Hiroshima, Japan
    9. Apr 2015 Travel Grant for international scientific conference, Hiroshima University, Japan
    10. Sept 2014 Travel Grant for international scientific conference, Hiroshima University, Japan
    11. Mar 2014 Dean’s Award, Graduate School of Biosphere Science, Hiroshima University, Japan
    12. Dec 2013 Hiroshima University Excellent Student Scholarship, Hiroshima University, Japan
    13. Mar 2012 Dean’s Award, Faculty of Applied Biological Science, Hiroshima University, Japan
    14. Feb 2012 Vice-President Award, Hiroshima University, Japan
    15. Jul 2017 The Dimitris N. Chorafas Foundation awards the year 2017 in Life Sciences & Medicine, The Dimitris N. Chorafas Foundation, Switzerland
  • Outreach

    その他の活動

    【テレビ】

    1. 2017/01/05 BS-TBS 「釣り百景: アオリイカに驚きの鑑定報告!エギングパラダイス南紀に大型を追う」
    2. 2016/07/17 フジテレビ(関東ローカル)「ザ・ノンフィクション: 葉山で一人,女漁師」
    3. 2015/12/09     中国放送RCC 「ニュース6」

    【ラジオ】

    1. 2017/08/12 FM東広島 「フィッシュでJOY」
    2. 2016/06/25 FM東広島 「フィッシュでJOY

    【新聞・雑誌】

    1. 2018/7/19  「研究の道わくわく」Weekly LALALA 753号掲載(ロサンゼルスの情報誌)
    2. 2017/3   「若くして死ぬ運命にある海の霊長類たち」 博士課程後期を知る読本 未来を拓く地方協奏プラットフォームHIRAKU
    3. 2015/12/11 「イカ目線で積極アプローチ」週刊釣りニュース 関西版 
    4. 2015/11/02 「大学院生 研究3分間解説」中国新聞朝刊 

    【ウェブ】

    1. 2018/7              JSPS SF newsletter 日本学術振興会サンフランシスコ連絡センター ニュースレター(英語)
    2. 2017/12/31 広島大学大学院生物圏科学研究科「研究人」
    【発表】
    1. 2019/8/10 「 行動・遺伝学的アプローチによる同所的アオリイカ属の生殖隔離の実態解明 」 日本人研究者交流会2019年度夏,Berkeley
    2. 2018/6/28 「JFLA Lecture Series 51 Squids, Our Long-Term Friends Save the World」 Japan Foundation国際交流基金ロサンゼルス
    3. 2017/10/27 「大学院進学とその後のキャリア」 院生主催セミナー 広島大学大学院生物圏科学研究科
    4. 2016/9/10 「イカの王様アオリイカの保全生態研究」 平成 28 年度 『 関西フェニックスの会 』 例会 広島大学関西フェニックスの会 大阪
    5. 2016/3/16 「鹿児島県におけるアオリイカ集団の解析」 アオリイカ生態研究発表会 屋久島漁協 屋久島
    6. 2016/3/15「鹿児島県におけるアオリイカ集団の解析」 アオリイカ生態研究発表会 種子島漁協 種子島
    7. 2016/2/9 「イカの王様アオリイカの保全生態研究」 学生の!が世界を変える 学生チーム「Collecting Rabb!ts」 広島大学
    8. 2015/3/1 「DNA鑑定に基づく種子島産アオリイカの種判別と産卵水深」 アオリイカ生態研究会 屋久島漁協 屋久島
    9. 2015/2/27 「DNA鑑定に基づく種子島産アオリイカの種判別と産卵水深」 アオリイカ生態研究発表会 種子島漁協 種子島
    【社会活動】
    • 水産資源保護啓発研究活動推進委員 (平成28年度),公益社団法人日本水産資源保護協会
    • 科学技術予測センター(NISTEP) 専門調査員(平成31年度〜),文部科学省 科学技術・学術政策研究所
    • Southern California Japanese Scholars Forum (SCJSF) 運営スタッフ(平成30年〜)

     

    【その他】

    • ロサンゼルスうに倶楽部:サンタバーバラ産うにをたらふく食べる会「うに会」企画しています.
    • いかないと:イカのアートに触れ、イキなお酒を飲みながら、イカを食べて、イカのお話を聞く。どっぷりイカに浸かってもらう一夜限りの夜会です.
    • Pathfinders’: 「めずらしい」留学が、もっと「当たり前」になるように.自分らしい留学スタイルを切り拓いたPathfindersへのインタビュー記事を掲載しています.
    • 日本イカ連合イカについてもっとみんなに知ってほしい,そういう思いで啓蒙活動をしている組織です(代表はいかいかよしかさん).主な活動はイカパーティーの企画開催,同人誌『いか生活の発行.

    Movie

    スピーチ大会の映像です

    2016 Asia-Pacific 3MT

    Finalist - Satoshi Tomano “The King of Squid”

    オーストラリアはブリスベンで行われた3分間研究紹介スピーチ大会です.

     

    【未来博士3分間コンペティション2016】

    広島大学 笘野 哲史 「Live fast and die young」

    東広島市で開催されたスピーチ大会です.

  • Contact me

    ご質問やご意見等がございましたら、こちらからお願いします

All Posts
×